久しぶり更新。他人の評価を気にする私はブログを書けなかった

ホームページもブログも、ずいぶん長い間ほったらかしにしていた。
それは、自分の生活を反映しているのだと分かっている。

ここ2年くらい、運気低迷して経済的に厳しいし、何よりコロナの影響で、なにかと制限されているから。



「頑張っても形になっていかない」
これが正直なところ。

それに、ブログネタがどうしても自分自身のことになって、プライベートがダダ洩れになるのも嫌だったり、色々と文章を加工しないとならないのが面倒臭くて、徐々に遠ざかってしまっていたのだ。




「働き方」については、もう何年間も迷って悩んできた。
心理カウンセラーと派遣社員… 2足のワラジを履き続けてきたけれど、やっぱり思うのは「ライフワークで食べていきたい」ということ。
しかし、それができないまま、ここ最近はその気持ちさえ消滅しつつあった…




私は基本的に占いが大好きだ。
でも最近は、無駄金を支払うことが多くなり、占いというよりも占い師に対する不信感で、占いに行かなくなっていた。

そんな状態が続く中、先日、度々行っていた占い館に足が向いたのだ。
その日は、「易」で占ってもらった。


が、結果としては「運気は今が底。今年1年は金運も仕事運も最悪」ということで、ま、ガッカリもせずに帰宅したわけで。
なんか、もう、淡い期待を抱くことすら忘れてしまったというか、「あ。やっぱりね~」程度にしか思えなかった…


うーーーん。
心が動かないなぁ。

これがホンネ。


セルフセラピーカードに「無意味感」というカードがある。
まさに、この状態が長く続いている感覚があるのだ。

いったい、自分がしていることに何の意味があるのだろう?
そもそも、生きることに何の意味があるのだろう?


このブログも、何の意味があるのだろう?

…と思いながら、今日はブログを書きたくなった。
今の自分の気持ちを吐き出したくなったのかもしれない。




上手くいかない時期は、誰にでもある。
そういう時こそ、自分と向き合い、自分と対話すべきなのだ。

それは十分に分かっている。

しかし、こんなに長い間、まともに働けず、収入がなくて貧困生活の上、コロナで気晴らしの外出さえままならないと来れば、気持ちが沈んだまま浮上しないのも仕方ないことではないか?




数日前、ふと、私は今、ウツ状態ではないか?と考えてしまった。

意欲もなく、モチベーションもなく、心も動かないって、異常じゃないの?
ずーーーっとガマンをしていると、その状態が当たり前、普通のことって、脳が錯覚し始めるんじゃないか?
なんてことまで考え始めたし。



たぶん、私と同じような状況にあっても、希望を捨てず、諦めず、前向きに頑張り続ける人はいるのだと思う。
それに比べて私はなんてダメな奴なんだ、と、また自己嫌悪する…


逆境に立ち向かう頑張り屋さんが評価される世の中…
どん底から這い上がったとか、サクセスストーリー的なものが良しとされるのだろうが、とてもじゃないけど、気持ちが上がってこない。

どうせ、何やっても同じでしょ?という、最初から諦めモードな今、以前は張り切って読んでいたメルマガも、最近は読まずに削除する始末。





…ただ。
今朝思ったのは、私は今まで、こういう自分を隠そうとしてきた…ということだった。



困っている自分。
前向きになれない自分。
意欲もない自分。

そういう自分を、自分自身が否定して批判してきたのだと、今朝、改めて気づいた。




このブログは「心理カウンセラーが書くブログ」だとしてきたせいで、現実の生活で悩みを抱えて気持ちが落ち込んでいる時には、書けなかったのだ。
だから、何か月も書けなかったのだ…


私の中で「心理カウンセラーはこうあるべき」という理想像があり、それが強い「べき思考」となって、自分自身を苦しめてきた。
心理カウンセラーは、清く正しく美しく、どんな時にも前向きで、他者のメンタルをケアできる存在でないといけないって。

不平不満、愚痴、悪口陰口…etc、そういうネガティブな言葉を発してはいけないって。




バカだな、私。

そういう自分を手放して解放されたい気持ちがあるくせに、「そうあるべき」に縛られて、自分自身を不自由にしている。


「どんな自分も許しましょう」なんてキレイ事は言わない。
けど、価値観や好み、考え方感じ方って、本当に人それぞれで、「誰からも嫌われない生き方」なんて無いんだ。
そんな本があったらきっとベストセラーだけど、実際には無いじゃん。

そんな本を書く人がいないってことは、そんなことは有り得ないからってことでいいだろう。




「人からどう思われるか?」
は、やっぱり結構気にするものだと思っている。
「嫌われたくない」という気持ちは、普通にあっていいものだとも思う。

しかし、それらに気持ちが向いてばかりでは、自分らしく生きることで手に入れられる幸せに気づけない。
今朝は、そんな風に思えた…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。