期待しない?信じてはいけない?味方だと思っていた人の「まさか」にガッカリした時は

先週仕事のことで、とある専門家と会ったことは書いたが。

実はあれから、ずっと引きずっていて、自分が思いのほか傷ついていたことが分かった。
「そういう人だ」と分かった時点で納得したし、その人とはこれ以上関わらないことで解決に至ったつもりだった。

でも、2日経っても何となくモヤモヤしていて、昨日、改めて私は「心にトゲが刺さったままになっている」ことに気づいた。


あんまり気持ち悪いから、ちょっと自分と向き合ってみたのだけど。
そこで、私は気づいたのだ。


そうか、私は、「自分の味方になってくれる、自分に理解を示してくれる、自分に協力してくれる」と思っていた相手が「実はそうじゃなかった」という結果に、傷ついているのだろう。

それは、「まさか!」という言葉で表せる。

「自分の味方になってくれる、自分に理解を示してくれる、自分に協力してくれる」と「期待」していた…のではなく、そういう相手なのだと、勝手に「決めつけて」いたんだ。




こういうことがある度に私は、「相手を信じていた自分、期待していた自分」に嫌悪してしまう。
私はなんてバカなんだ。
もっとちゃんと警戒心を持って関われば良かったのに。

こうして私の人間不信は育っていったのかもしれない。



でもね~
全ての人に対して不信感と警戒心を持ったまま関わるって、どうなのよ?
それって、常に周りは敵だらけって感じで、安心安全がどこにもないって?
そんな状態で生きるって、無人島一人暮らしより大変じゃないの?



完璧なセキュリティシステム?なんて、無いのだと思う。
悪意で攻撃されたり、流れ弾に当たったり、世の中には危険がいっぱい。


結局私は、「じゃあ人は一切信じない、一切期待しない」って決めたところで、実際はできないのだ。

攻撃されたり流れ弾に当たったりして満身創痍になっても、「この人は自分の味方になってくれる、自分に理解を示してくれる、自分に協力してくれる」と人に近づくことは変えられないのだと思う。

だって、そういう人だっているのだから。




たまたま今回は、ね。
相手が悪かったの。


そうやって、「あーあ、大変だったよね、仕方なかったよね」と、自分を労ってやるしかないのではないか?



自分に起こるネガティブな出来事が、すべて自分が悪いというわけではないし、すべて相手が悪いわけではないと思うのだ。
「そういうこともあるさ」と手放していかないと、いつまで経っても「心に刺さったトゲ」は抜けないだろうから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です