自分がHSPだと分かってショックを受けた後のこと

ここ最近、書店で「HSP」なるものの著書を見ること、多くなりました。

「HSP」とは、 Highly Sensitive Person の略です。

生まれつき敏感な人ということで、5人に1人くらいいるそうです。



先週、職場でちょっとショッキングな出来事がありました。

(詳細は後で書きます)

そのことに対してちょっと信じられないような異常さを感じ、かなり落ち込んでしまったのと同時に、「どうして私はいつもこういったことで傷つくのだろう?」と深く考え込んでしまったのです。

こういうこと、普通にあるんだろうか?

みんな、こういう経験を普通にしているのだろうか?

父親の一周忌法要のことでゴタゴタしたばかりでしたから、立て続けに起こる人間関係のトラブルに、本当に落ち込んでしまったのでした。



そこで金曜日、思い切って会社を休み、どこかでランチでも食べながらリフレッシュしよう、などと考えていたのですが…

気持ちが上がらないばかりか体調も悪くなり、気力もなくて、午前中寝込んでしまう羽目に。

でも、猫のご飯を買いに行かないとならず、午後になって頑張って外出したのです。

猫のご飯はいつも市外の大型ショッピングセンターへ行って買います。

しかし、買い物大好きな私も、さすがにこの時はウインドウショッピングする気にもならず、猫のご飯だけ買って帰路についたのですが。

これでは食事の支度もできないと考え、自宅までの間にあった別のショッピングセンターでお惣菜を買って帰ることに。


そこでふと、本の売り場に足が向きました。

ここ最近の自分の悩みを解決できるようなヒントがあるかもしれない。

そう思って本の売り場に行き、目についた本は…

「HSP」=「 Highly Sensitive Person 」に関する著書でした。


私は、自分がこういったトラブルを抱える人間だということを、認めない傾向でした。

それは、メンタルケアの仕事をしているくせに自分自身が悩み苦しんでいる、という現実を、恥じていたからです。


数年前、とある人に「うつ病になったような人に心理カウンセリングしてほしくない」とハッキリ言われたり、自律神経失調症で受診した当時の掛かりつけ医に「そういうの(ストレス)に対応する仕事をしているんじゃないの?」などと言われたりしたことで、いつしか、「悩んでいる自分」を隠すようになりました。

それでも、ブログでこうして自己開示することにより、自分と同じ苦しみをしている人の役に立つかもしれない、と、本当に小さな希望を抱いて書き綴ってきたのですが…


私はそこの本の売り場で、HSPに関する本を買いました。

そして帰宅後、一気に読んだ。

読んで気づいたことは、本に書かれていることの全てに自分自身が当てはまる、ということでした。


ショックでした。

問題の解決を求めて買った本が、こんな結果をもたらすとは。

そして私が思ったことは、

「HSPなんて、最悪だ。どうやって生きていったらいいんだ?やっぱり私はダメ人間じゃないか!」

だったのです。

まぁ、こう考えてしまうところが、まさにHSP気質、ということなんでしょうけどね。



本には、HSPの人の特徴と、生き方に対するアドバイスが書かれています。

興味がある人にはぜひオススメしたい。

『敏感すぎて生きづらい人の 明日からラクになれる本』

著者の長沼睦雄先生は、「日本では数少ないHSP臨床医」とのこと。

山梨県甲府市出身ということも、親近感が湧いた理由の一つです。


会社に行っては気を使い、疲れ果てて週末は動けなくなる、といった慢性疲労状態もHSPの特徴のようです。

それ以外にも、自分に起こっていた様々なことが、本を読んで全て納得できました。


私は、苦しい人生を終わりにしたい。

人と居ると疲れてしまうから、誰かと話をしたくてもできない自分。

人にどう思われるか?ばかり気にして、自分のホンネを抑圧してしまう自分。

普通の人が普通にできることが、できない自分。

普通の人なら普通に耐えられることが、耐えられない自分。

そして、こういう自分だからダメなんだ。こういう自分だから愛されないんだ。と、自分を責め続けてきた自分を、もう、終わりにしたい。


本を読んだ直後は落ち込みましたが、「嘆くだけの人生は嫌だな」と思ったのです。

なので今後は、HSPな自分を恥じることなく、責めることも隠すこともせず、今まで以上にありのままの自分自身を綴っていこうと決めました。


世の中には、「普通」というゾーンからはみ出して生きている人がいます。

でもそれは、「悪」なのでしょうか?

もしかしたら…私は、それらを「悪」だと思っていたんだと思います。

「普通」からはみ出している自分を、一番嫌っていたのは私自身だったのだと思います。


今、水星逆行中ですから。

「リベンジ」「リスタート」にはいい機会。

自分を認めて、受け入れて、許して、愛してあげる。

「普通」からはみ出している自分でもいいんだ、と、自分に言ってあげることが、幸せへの第一歩だと信じています。