● 自分の性格や性質をどう思いますか?

HSP度高めのHSP(ハイリーセンシティブパーソン=とても繊細な人)です。
性格は人よりはるかに激しいと自覚しています。

グレーゾーンが無いことも特徴で。これでも最近はかなりグレーゾーンを増やしていますが(笑)
極端なんでしょうね。二面性があります、水瓶座だからでしょうか?(笑)
2人の自分がいつも葛藤し、主導権争いをします。

短気で、すぐに結果が出ないと嫌になってしまうし、同じ作業をずっと続けることも苦手です。
合理的で効率的に物事を進めることが好きなせいか、コスパにこだわるところがあります。

そのくせ、気分が乗らないと何もしないんです。ギリギリでないと動かない。面倒臭いとどこまでも放置します。
「面倒臭い」は口癖ですね(笑)

人からは「真面目ですね」と言われることが多いです。神経質で、物事が雑に扱われることが嫌なんでしょうね。
これが長所であり短所だと思います。

そして、「自分は一般的な人と違うんだ。私、変わっているんだ」と改めて知ったのは、心理カウンセラーとして活動し始めてからですね(笑)数秘術の誕生数が33だし(笑)
と言うよりも、うつ病になったことで心理カウンセリングやセラピーを受けてみて、自分の感覚や考え方が一般的ではないと分かったのかな(笑)

エキセントリックと呼ばれることは嫌じゃないですが、常に疎外感を感じていることも事実です。
人と違うことは「生きにくさ」でもある。
けど、それが私らしさならそれで仕方ない。
受け入れて共生していくしかないのだろうな、と思っています。


● うつ病になった原因は何ですか?

職場のストレスとペットロスですね。
17歳の愛猫を病気で亡くした時期と、職場でストレスを抱えた時期が重なっていました。

仕事は派遣でCADオペをしていたのですが、すでに40歳近かったから「ここを辞めたら次が無い」と勝手に思い込んでいて、ストレス満載の派遣先を辞められなかった。
当時のお友達が「今の職場を辞めてはダメ。仕事は長く続けないと」と言う人だったので、人に嫌われたくない私はお友達に従い、「そうしないといけない」と思い込んでもいました。

それで毎日毎日、ホントに嫌々出勤してて。どんどん体調が悪くなっていって、最終的には布団から出られない状態になっていた、という感じでした。


● 趣味は何ですか?

読書ですね。
以前は自己啓発系の小難しい本ばかり買って読んでいましたが、最近は、マンガやミステリー小説がメインです。ラノベも読みますよ。高2の甥っ子に情報シェアしてもらってます(笑)妹に呆れられますが(笑)
他には、ひとりカラオケですね。職場でストレスが溜まってくると、よく仕事帰りに寄って歌って帰ってました。よく歌う曲は、昭和の名曲です。


● 好きなことや好きなものは何ですか?

食べることが大好きです(笑)なので、料理も好きだし、得意ですよ。
五感を満たせるものが良くて、いい香りの入浴剤を入れてお風呂に入るのは至福の時間ですよね。
ふわふわした手触りのいいものや、見た目カラフルな小物とか、好きです。好みの色や手触りのハンカチは、ついつい買っちゃいます。

あとは、占い、大好きですね。西洋占星術は信頼しています。
そして、猫好きです。でも、自分の家の猫以外は怖くて触れません。犬も嫌いではないのですが、やはり猫ですね。


● 嫌いなことや嫌いなものは何ですか?

窮屈と退屈ですね。窮屈はホントに嫌というか、閉所恐怖症で、MRIに入れないんです(笑)
痛みにも弱くて、歯医者さんは怖いのと痛いのダブルで罰ゲームとしか思えません(泣)
暇も嫌いですね。家でボーっとしている、って無いです。
「何もしない」って、罪悪感を感じてしまいます。

それから、「他人を攻撃する人」は大嫌いです。自分の価値観と違う人を批判して攻撃する人、いるでしょ?そういう人、ホントにダメ。
HSPの特徴でもあるのでしょうけど、暴力的なものは避ける傾向です。


● 生活の中で気をつけていることは何ですか?

相手に対して自分が思ったことは、その場で相手に伝えるようにしています。父親が亡くなって手紙が出てきたのですが、そこに書かれていることを読んでみて「こういうことは生きているうちに言わないと意味がないな」と思い知ったので。それ以来、「思ったことは言う」を心掛けています。
例えば買い物してレジで会計する時に、感じ悪いお店のスタッフには「感じ悪いよ」とか、逆に感じ良かったら「感じいいですね」とか、黙っていないで言いますね。
相手が大切な人で、言えば相手を傷つけてしまうかもしれないというようなことは言うまでに葛藤しますが、お互いに生きているうちじゃなきゃダメだなと思うので、勇気を出して伝えています。


● ストレスを感じた時はどうしていますか?

私の話を否定や批判をせずに聞いてくれる人に愚痴ります。
基本的に、自分の中に留めておけないので。喋って発散、浄化するって感じです。

美味しいコーヒーを出してくれる喫茶店に行くことも好きです。

でも基本的に、「ストレスを解消しようとしない」です。
ストレスを受ける時=問題を抱える時って、「気づいて解決して成長しろ」というサインだと思っているから。
なので、とことん落ち込みネガティブ一色になりながら、一生懸命に解決を考えます。


● メンタルケアの活動の中で伝えていきたいことは何ですか?

私もそうですが、ストレスや悩みを抱えてしまう時って、「他人にどう思われるか?」を考えている時が多いです。他人を優先して、自分を大事にしてないんですよね。
言いたいことがあっても、「これを言ったら嫌われるかな」とか「ダメな奴だと思われるかな」とか、「他人がどう思うか?」に気持ちが行ってしまい、自分のホンネを無視するんですよ。これ、良くないです。
私はHSPなので、「扱いにくい人」「面倒臭い人」だと思われたくなくて必死になってしまう。

そんな感じで「軸が他人にある」と気づいた時には、「相手に言う言わない」「行動するしない」はとりあえず脇に置いて、まずは自分がどう思っているのか?どうしたいのか?という、「自分の欲求」を確認してほしい。欲求を確認した上で「じゃあ、どうするのか?」って、改めて自分と相談すればいいんですよ。
なのに、最初から相手のことばかり考えてしまう。

自分らしく生きていれば、体調不良になるほどのストレスや不安は無いと思っています。
「他人にどう思われるか?」を自分の意識や行動の基準にしないで、「自分らしく生きていい」と自分に許可してあげてほしい。それは、自分を最優先して自分を大切にするという生き方ですから。

HSPは先天性のものなので克服することはとても困難ですが、まずは私自身が自分のメンタルを強化すること。
そして、そこで得た知識や情報を、クライアントさんたちや周囲の人たちに伝えていきたいと思っています。



プロフィールページに戻る