心理カウンセラー写真
FOTO by studio FOTO+

心理カウンセラー 甘利浩子

山梨県韮崎市在住
1967年生まれ 水瓶座 
誕生数33 kin106 白い世界の橋渡し

取得資格等

  • メンタルケア心理士
  • 産業カウンセラー
  • ヘルスマネジメントⅡ種
  • JCLTA認定 ヒューマンカラーアナリスト
  • カードセラピスト(セルフセラピーカード)
  • ヒプノセラピスト (ABH:米国催眠療法協会認定ライセンス取得)
  • JPHAA認定 パステル和(NAGOMI)アート正インストラクター
  • 日本精神技術研究所主催 アサーショントレーニング基礎ー理論コース研修終了

私は、HSP(ハイリーセンシティブパーソンで、うつ病経験者です

私が心理カウンセラーになったきっかけは、2007年にうつ病になったことです。
うつ病の原因は、当時の派遣先でのストレスと、ペットロスでした。

ハイスコアなHSP(ハイリーセンシティブパーソン)の私は、常に生きづらさを抱えて生きてきました。
うつ病になったことも、他者に必要以上に気を使い、自分に合わない他者の価値観や世間の常識といったものに囚われていたからだと思っています。

「人と同じにできない自分」をいつも裁き、責め続けていて、「他の人と同じようにしないといけない。人の言うことは聞かないといけない」と、自分に無理やガマンをさせて生きていましたから。

自分の身を守るために、「相手にとって都合のいい人」になろうとしていた私

支配的な両親の元で育った私は、「本当の自分」を表現することにフタをし始めました。
嫌われたり攻撃されたりしないように、相手に迎合して、「相手にとって都合のいい存在でいること」「相手の期待に応えること」に必死になります。

そのせいで、私の中にはいつでも不満が溜まっていて、ちょっとしたことでそれが溢れて爆発するように。
すると周囲からは、「感情的で扱いにくい人」「衝動的で激しい人」とレッテルを貼られていきました。

そんな私ですが、自分の気持ちにフタをしたり、思っていることと違う言動を自分に強いていくことに、だんだん疲れてしまいます。
本意ではないのに他者からの評価を気にしてガマンや無理をしているにも関わらず、それを誰も分かってくれないどころか、中にはそんな私を利用しようとする人も。

「こんなに無理してガマンして頑張っているのに、どうして私は不幸せなんだろう?」と自問することが止まりませんでした。

私の人生とメンタルケア活動のコンセプトは、「自由に。自分らしく」

でも私はやがて、自分が人と違っていることを受け入れ、ありのままの自分で生きることこそ私の幸せなのだと、気づかされていきます。
他人に合わせて自分に無理をさせたところで、それは私を幸せにしてくれないと気づいていくのです。

私にとっての幸せ、居心地のいい生活とは、できる限り無理やガマンのない生活。
それは、ハイスコアのHSP(ハイリーセンシティブパーソン)である自分の、最も楽な生き方であると。

Heart-Labの活動コンセプトは、「自由に。自分らしく」であり、それは私個人が望む人生の在り方と同じです。
「自分らしさ」を知り、「自分らしさ」を活かして、「自分らしさ」によって生かされていくこと…
自然体でありのままの自分を大切にしながら生きていくことが、ストレスを減らして楽に生きることに繋がるのだと、伝えていきたいのです。

デスクの上のビジネス手帳とチューリップ


お問い合わせはメールにて承っております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせメールフォーム