心理カウンセラー写真
FOTO by studio FOTO+

心理カウンセラー 甘利浩子

山梨県韮崎市在住
1967年生まれ 水瓶座 
誕生数33 kin106 白い世界の橋渡し

取得資格等

  • メンタルケア心理士
  • 産業カウンセラー
  • ヘルスマネジメントⅡ種
  • JCLTA認定 ヒューマンカラーアナリスト
  • カードセラピスト(セルフセラピーカード)
  • ヒプノセラピスト (ABH:米国催眠療法協会認定ライセンス取得)
  • JPHAA認定 パステル和(NAGOMI)アート正インストラクター
  • 日本精神技術研究所主催 アサーショントレーニング基礎ー理論コース研修終了
  • 認知行動療法

History

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)と毒親育ち

私はハイスコアなHSP(ハイリーセンシティブパーソン)です。
そのため、子供の頃から常に生きづらさを抱えて生きてきました。

また、暴力を振るう父親と暴言を吐く母親…いわゆる「毒親」から自分自身を否定批判され続けた結果、自己肯定感はそがれ、自己評価の低い、他人軸の大人へと成長していきます。

うつ病がきっかけで始まる「答え探し」「自分探し」の旅

私は2007年にうつ病になりました。
うつ病の原因は、当時の職場でのストレスと、ペットロス。
そして、再び仕事をするようになってからも、「うつ病が再発するのではないか?」という恐怖に苦しむことに…

そんなある日、ふと思ったのです。
「もしかしたら、うつ病になった原因…『うつ病の種』みたいなものが、自分の中にあるのかもしれない」と…

だとしたら私は、その『うつ病の種』を見つけて破壊したい。
もう二度とうつ病にならないように…

そう考えた私は、その意思を行動に移します。

心理学、スピリチュアルの世界を知り、心理カウンセラーの道へ

『うつ病の種を見つけて破壊する』と自分に課した私は、セラピーや心理カウンセリングを受け始めます。

そこでのセラピスト達との出会いを通じて、セラピーや心理学、スピリチュアルの世界に魅かれていくのです。
その結果、自分が得た知識や情報を自分と同じ苦しみをしている人にシェアしたい、と考えるようになったのでした。

テーマは、いかに「自分らしく」生きるか?にシフト

2009年に心理カウンセラーとして活動を開始してから、活動名称や活動スタイル、メニューなどを変え続け、試行錯誤しながら現在に至ります。

『うつ病の種を見つけて破壊する』という自分に課したミッションは、いつの間にか、更なる次のステージへとシフトしていきました。

それは『自分らしく在ること』
自分らしく生きることができれば、うつ病にはならない。
だから、いかに自分らしく生きるか?が、テーマとなっていくのです。

デスクの上のビジネス手帳とチューリップ


人生とメンタルケア活動のコンセプトは「自由に。自分らしく」

心理カウンセラーとしての活動を通じて、私は、自分が人と違っていることを受け入れ、ありのままの自分で生きることこそ私の幸せなのだと気づかされました。
自分に無理やガマンを強いて他人に合わせようとしたところで、他人は私を幸せにしてくれないと気づいていくのです。

私にとっての幸せ、居心地のいい生活とは、できる限り無理やガマンのない自然体な生活。
それは、ハイスコアのHSP(ハイリーセンシティブパーソン)である自分の、最も楽な生き方であると。

Heart-Labの活動コンセプトは、「自由に。自分らしく」であり、それは私個人が望む人生の在り方と同じです。
「自分らしさ」を知り、「自分らしさ」を使って、「自分らしさ」によって生かされていくこと…
自然体でありのままの自分を大切にしながら生きていくことが、よりストレスの少ない生活に繋がるのだと、メンタルケアの活動を通じて伝えていきたいと思っています。

「こんな悩みは相談できますか?」など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご予約 メールフォーム